電話代行ってどんなことが良いの?三つのメリットとは!

電話代行のメリットその1

電話代行って聞いたことありますか?電話代行とは、事務所にかかってきた電話に対し、依頼者の変わりに電話応対してもらうことです。特に個人会社など、規模の小さい会社にはメリットがあります。問い合わせの電話が会社にかかってきたときに、依頼者が事務所に不在であった、接客中であったために、電話が留守番電話に転送されるということがあります。これでは、新規の顧客から信頼と安心を得るのは難しいですし、ビジネスを広げるための阻害となってしまいます。電話代行があれば、いつでも顧客に対応できるため、安心です。

電話代行のメリットその2

電話代行のメリットには、そのコスト面にあります。もし、電話応対スタッフを雇おうとすれば、必然的に、求人広告費、交通費、福利厚生や給料といった面までかなりの人件費がかかってきます。しかし電話代行の場合ですと、そういった費用の心配がありません。特別な研修を受けた電話代行のプロが応対していきますので、電話応対スタッフを雇ったときに、一から研修といったことも必要なくなります。ですので、コスト面だけでなく、雇用リスクも軽減できるのが、電話代行のメリットといえます。

電話代行のメリットその3

個人事業の場合ですと、商談中であったり、事務所から席をはずして外に用事があったりと、なかなか電話に応対するのが難しいということがでてきます。そんな場合にこそ、電話代行サービスは効力を発揮します。電話の取次ぎ内容が緊急を要するものですと、携帯に連絡を取り次いでくれますし、普通の連絡の場合ですと、携帯メールや、パソコンメールに用件を送ることもできます。つまり、その時々で必要な連絡方法を行ってくれるのが電話代行サービスなんですね。

電話代行サービスとは、依頼元の人員の関係で人手が足りない場合などに、外部の業者に依頼して電話をするサービスです。